少し聞きなれない言葉ですが、屋根の青の部分です。

この破風板と、同じ素材が使われているベランダ下部「帯板(おびいた)の処理をご説明します

上部屋根の破風板(はふいた)と、ベランダ下部帯板(おびいた)をお示しします。

下は帯板が劣化して表面が剥がれ落ちている部分です。
このような場合は先ずプライマーという下地剤を全面に塗布します。塗装の下塗りと同じ作業です。


                                                                                                                                        帯板にプライマーを塗った後、傷んでいる部分をパテで埋めています。シーリングが劣化している部分(白い直線部分です)は交換し継ぎ目からの浸水をなくしています。


屋根 破風板、ベランダ下部帯板の塗装完成図です

破風板、帯板の部分は下地処理をしっかりしないと2~3年すると剥がれてきます。塗装直後は下地処理をしっかりしたかどうか、見えません。大事な作業です。